ジルコニア修復の経過症例


この症例は、右下の奥歯にインプラントを希望された方ですが、同時に全体に入っている古い補綴をジルコニアでやり直して統一感のある綺麗な歯にしたいとのご希望でした。
インプラントを入れる部分の骨が少なかったために、2か所に増骨の治療をしたり、歯並びの改善のために矯正治療を組み合わせての全体治療でしたので、1年半ほどの期間がかかりましたが綺麗な歯並びとスマイルラインが完成しました。

最後の写真は、治療終了から3年弱の時点での審美領域のクローズアップですが、ジルコニアの歯がご本人の歯茎と完全に調和して全く健康な生命感があふれたアペアランスとなっています。

3か月に一度のメインテナンスを欠かさずに受けておられて、セルフケアの水準も素晴らしいので、この状態があと5年、10年続いてくれるといいなと思っています。

治療前の全体画像です。不健康な状態ではありませんが、審美的な観点からは改善したいところが多くあります。

1年半をかけて、治療が終了した状態です。歯の色も患者様のご希望通りB1シェードです。

 

素敵なスマイルラインが完成しました。

 

 

 

 

 

 

3年経っても、健康な生命感があふれたアピアランスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る