インプラントを応用した審美補綴


20代の女性の患者様のケースです。向かって右の2番目の歯が欠損して、ブリッジが入っています。欠損部の歯茎の土手が大きく陥没してしまっているために、苦肉の策として人工歯茎が使われています。
見かけがとても不自然で、その隙間に食べかすが溜まって気持ちが悪いということでした。
人工骨を使って歯茎の陥没を造成しないといけないのですが、インプラントを併用することでブリッジでなく1本1本の歯を作ることが来ました。もちろん、食べかすが溜まることも無く、快適に生活できるようになられました。

術前の正面画像です。

 

 

 

 

 

歯のないところの骨がなくなって、レントゲンが黒く抜けていますね。

 

 

 

 

 

 

 

治療後の正面画像です。ジルコニアセラミックスで、それぞれ1本ずつ歯を作ってありますので、とても自然ですね。

 

 

 

 

治療後のレントゲン画像です。

 

 

 

 

 

 

 

治療前後の比較写真を載せておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る