側切歯の矮小歯にポーセレンラミネートベニア


上顎の側切歯(真ん中から二番目の前歯)が左右とも矮小歯と言って、小さな歯が生えてきた男性のかたです。

歯のサイズが小さいので、隙間ができてしまいます。

笑った時に、不自然になるのを気にされていました。

矮小歯の側切歯に対する審美治療の常とう手段としては、やはりポーセレンラミネートベニアですので、デザインワックスアップののちに形成、印象、テックを即日で行います。

向かって左の側切歯は、やや前突していましたので形成量がやや多かったですが、歯髄は問題なく保存できています。

治療後は自然な歯並びになって喜んでいただきました。

DSC_2253

 

 

 

 

 

治療前の歯並びですが、真ん中から2番目の歯が矮小歯です。

 

DSC_2260

 

 

 

 

 

セラミックに必要な0.5mmの厚みが確保できる最小限の歯を削除します。

周りの歯の入りと調和するように、作ってもらうためにシェードガイドを入れて写真を撮り、インターネットでラボへ送ります。

 

DSC_2490

 

 

 

 

 

出来上がったポーセレンラミネートベニアです。

 

DSC_2491

 

 

 

 

 

セット後の写真ですが、どの歯がセラミックか見分けがつかないくらいにきれいに入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る