インプラント含む上顎3前歯の審美修復


右上の側切歯の歯根が破折して、抜歯となったケースです。

早めに抜歯をしたので、周囲の歯槽骨はほとんどダメージを受けずに保存できています。

スプラインHAの3.3mmΦ×12mmを埋入して、2か月待時して隣在の両中切歯と一緒に補綴しました。

術前の補綴物は、色調の不調和とマージン(被せものと歯根のつなぎ目)の不適合もみられ、辺縁歯肉にも炎症がありましたが、術後は歯肉の張りも戻り、健康的な歯茎になりました。

この後、ご希望の色になるようにホームホワイトニングをしていただきます。

 

dsc_0711

中切歯2本の歯茎の炎症に注目してください。

 

 

 

 

 

%e8%88%b9%e6%a9%8b_%e8%be%b220160611_22309

短い土台(ポスト)が斜めに入っていて歯根が破折しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc_2366

治療後の3本のジルコニアの歯です。3本のうち向かって左の歯はインプラントの歯です。

 

 

 

 

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

インプラントオペ前のプランニング画像です。

 

 

 

 

%e8%88%b9%e6%a9%8b_%e8%be%b220161217_24716

治療後のレントゲン画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る