中切歯1本の審美歯科は難しい!


上顎中切歯(上の真ん中の歯)1本の冠を補綴するのは、歯科医師の適切な形成と印象だけでなく技工士の高度な技術がなければ、周囲の歯と完全に調和させて審美的に修復するのは、難しいです。

この、患者さんは左中切歯(向かって右の前歯)の治療を希望されて来院されました。

神経は生かしたまま治療が可能でしたので、ポーセレンラミネートべニアで修復する計画を立てました。

1回目にできてきたべニアはよくできていましたが、若干明度が低い、つまり暗く見えました。

再度明度を上げて再製作した貰い、完全に天然歯と見分けがつかなくなりました。

このくらいできると患者さんも歯科医師も技工士も満足ですね。

術前の状態です。レジン充填の変色が広がっています。

 

べニアの形成終了して、歯の色を調べます。

 

1回目の歯は少し暗いですね。

 

唇がかぶってくると更に暗さを感じます(アンブレラ効果)。

 

右側が再度作ったべニアです。半透明性を抑えています。

 

新しいべニアが装着された状態です。このレベルだとほぼ天然の歯に見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る