歯肉退縮による隙間をべニアにて改善!


50歳代の女性で左上(向かって右上)の犬歯に修復の跡がありますが、他の歯は虫歯もなく健康な状態です。

しかし、過去の歯周病による歯茎の退縮が顕著で、歯の根元に隙間(ブラックトライアングルといいます)があり、笑った時に斜め方向から見ると黒い影となって、審美性を損ないます。
患者様はこの状態をとても気にされていて、どうにかできないかと相談に来られました。

無くなった歯茎を戻すことはできないので、歯にラミネートべニアを接着して隙間をふさぐことで対応しました。

必要最小限にエナメル質の範囲で表面を削除し、べニアを接着することで歯の強度も高まることが期待できます。

結果は患者様の期待を超えるものとなり、大変喜んでいただきました。

治療前の正面からの画像です。左右の中切歯、側切歯、犬歯どれも非対称が見られます。

 

 

斜め前からの画像では、大きな隙間が分かりますね。

 

 

左側にも隙間があります。

 

 

6本の歯を神経を取ることなく、1回のアポイントで歯の形づくり(形成)と型取り(印象)及び仮歯作りを行い、2回目のアポイントで以下の状態となりました。

べニアで歯の色も患者様の希望の白さとなりました。

 

 

ブラックトライアングルはなくなりました!

 

 

左側も隙間は見られません。

 

 

一覧に戻る