中切歯1本の審美修復のチャンピオンケース!


周囲の歯が虫歯のない綺麗な天然歯で、しかも若い女性の前歯を1本だけ被せ物(補綴といいます)で、治療するのは歯医者にとってとても勇気のいる仕事となります。
中切歯というのは、笑顔の口元にとって最も影響力のある歯であることから、審美歯科において中切歯は“セントラルドミナンス”と言われます。
つまり、真ん中で審美性を支配している、という意味です。
今回のケースは、まさにそのような変色した中切歯1本をジルコニアポーセレンのクラウンで仕上げたケースです。
裏側の歯の質がたくさん残っていれば、ウォーキングブリーチという、漂白の手法があるのですが裏側の歯がかなり無くなっていたので適応外でした。
結果的には、審美性において最高の(周りの天然歯と見分けのつかないという意味です)満足を得ることができました。

治療前の状態です。向かって左の前歯は神経を取ったために変色してしまっています。

 

 

 

 

先端のラインをスマイルラインに沿わせた仮歯を装着しました。

 

 

 

 

ジルコニアポーセレンのクラウンです。

 

 

 

 

 

 

治療後の状態ですが、普通の人が見ただけでは、どれが被せ物かわからないと思います。特に技術の必要な歯茎の際のところの自然感がポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る