中切歯の変色をジルコニア冠で改善しました!


右の中切歯はすでにセラミック冠で左中切歯は神経が死んでいて変色していました。

20代女性で、審美歯科の治療を希望されました。

中切歯2本は、ジルコニアポーセレン冠にて修復し、他の歯はホワイトニングという、審美歯科の王道の治療となりました。

治療後は、歯の色も形も満足のいく仕上がりとなり、患者様も大変喜んでいただきました。

 

術前の画像ですが、特に中切歯の色と形に不満がありました。

 

 

 

 

 

 

まずは、ホワイトニングでほかの部分の歯を白くしていきます。

 

 

 

 

 

 

ジルコニアポーセレン冠

 

 

 

 

 

中切歯2本にジルコニアコーセレン冠を装着して、治療終了となります。

術後の画像ですが、大変審美的な歯列へと変化しました。

 

 

 

 

 


一覧に戻る