上顎中、側切歯のジルコニアポーセレン冠


この患者さんは、40代の歯科医師で福岡市で開業されています。

以前から、前歯の色の変色を気にされていましたが、自分が歯医者ということもありなかなか治療に踏ん切りがつかなかったようです。

変色の原因は、歯の神経が死んでしまって年数が経過したために、木でいえば枯れ木の状態で色も変わってしまったということです。

このような場合は、ホワイトニングでは対応できないので、セラミックの被せものが適応となります。

最近では、ほとんどのケースで審美性と耐久性を兼ね備えたジルコニアポーセレン冠で対応しています。

ご本人も今回は、きちんと治療してきれいにしたいということでしたので、他の部位についてはホワイトニングも併用して、白い歯がそろいました。

DSC_3047 DSC_4877

一覧に戻る